お金を借りることができる便利な金融金は、いろいろありますよね。

 

まずは、お金を貸す専門の業者である消費者金融。そして、融資だけでなく、貯蓄などの業務も行っているお金のプロフェッショナルの銀行

 

また、ショッピングローンの利用の需要が主なクレジットカードでもキャッシングはできます

 

しかし、この中でも、お金を借りたいと思ったその時にすぐ対応ができるローン、つまり即日融資に対応ができるローンは限られてきます。

 

では、それぞれの金融機関の特徴を踏まえながら、即日融資ができるローンを確認してみましょう。

 

即日融資ならやっぱり消費者金融

手軽にキャッシングができる消費者金融。
お金を貸すためのサービスが豊富に揃っている中での最大のセールスポイント。
それが、即日融資です。

 

全てにおいて迅速なサービスを心がけている消費者金融
業界最速審査時間は、およそ30分といわれています。
この迅速な審査をもってすれば、即日融資もお手の物というわけです。

 

大手といわれる消費者金融のほとんどでは、即日融資にが可能で、14時までに契約が済んでいればOKです。

 

それでは、具体的な消費者金融の企業にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

消費者金融の企業を比べてみよう!

では、大手といわれる消費者金融のいくつかを具体的に紹介します。

 

【アコム】

利用限度額 : 1万円〜500万円以内
実質年率: 4.7%〜18.0%

 

業界最大手と呼ばれ、シェア率もナンバー1の消費者金融。
知名度も抜群です。

 

永作博美さんのコマーシャルでもお馴染みのアコム。
コマーシャルの謳い文句の通り、初めての利用者には人気があります。

 

その理由の一つとして、「30日間無利息ローンサービス」というものがあります。
これは、業界に先駆けて開始された新しいサービスで、初回限定の提供になっているので、ますます初めての利用者が増加しています。

 

【プロミス】

利用限度額: 1万円〜500万円以内
実質年率: 4.5%〜17.8%

 

プロミスもアコムと同等のシェア率を誇っています。
それでいて、アコムよりも金利が安いことは人気秘訣です。

 

プロミスの最大の特徴ともいえるのが、「瞬フリ」というサービスです。
「瞬フリ」を利用すると、365日24時間いつでも振込サービスが受けられるのです。

 

しかも、「瞬フリ」には利用回数に制限がありません。何度でも利用することができる上に、手数料も掛からないのです。こちらのサービスをご希望の場合は、三井住友銀行かジャパネット銀行の口座が必要です。

 

【モビット】

利用限度額: 1万円〜800万円以内
実質年率: 3.0%〜18.0%

 

モビットは比較的新しい消費者金融の一つです。
ですので、情報整理には非常に強く、独自の審査システムは業界最短時間30分を可能にしています。

 

また、インターネットから申し込むと10秒で予備審査の結果が表示されるので、事前に利用しておくと便利です。(あくまでも目安であり、確定の審査結果ではありません。)

 

さらにモビットといえば、2012年に業界初となった「WEB完結型申込サービス」を開始していることでも知られています。このサービスは、申込から返済まで、すべてをネット上手続きできるということで、当時としては大きな話題を呼びました。

 

クレジットカードも即日融資できる?!

最初に申し上げた通り、即日融資といえば、はやり消費者金融です。
しかしながら、消費者金融の利用には抵抗がある、という方も少なくないでしょう。

 

そんな時の苦肉の策として一つ天安できるローンがあります。
それはクレジットカードのキャッシングローンです。

 

クレジットカードは、もはや一人一枚は必ず持っているといっていい程、その普及は計り知れません。中には、一人2枚3枚と持っている方も少なくないでしょう。

 

実は、このクレジットカードにはショッピングローン機能の他にも、キャッシングローンという機能があります。これを利用して、簡単に、しかも即座にお金を借りることができるのです。

 

すぐ借りられるクレジットカードでのキャッシング方法とは?!

クレジットカードで主に利用されているのはショッピングローン機能ですが、ほとんどのクレジットカードにはキャッシングローン機能も付いています。(ご存知の方が少ないかもしれません。)

 

このキャッシングローン機能を利用すれば、クレジットカードの信販会社からお金を借りることができるのです。しかしながら、借入可能金額はせいぜい20万円ぐらいです。

 

キャッシングの方法は至って簡単です。
カードと暗証番号がわかれば、最寄りのATMから借入できるシステム担っています。

 

つまり、すでにクレジットカード会社との契約は済んでいますので、新たに申し込む必要はなく、急遽お金が必要な日常的なピンチにも対応ができるローンは可能です。
消費者金融の即日融資も、もちろん便利ですが、こんな裏技的な方法も有効です。

 

なお、クレジットカードのキャッシングには注意しなくてはならないことが、一つあります。それは、利息についてです。普通、ショッピングローンを利用すると、一括払いならば利子は発生しませんよね。ところが、キャッシングローンを利用すると、利息が1日目から発生してしまうのです。ですから、返済には十分ご注意ください。

 

クレジットカードの意外な活用方法とは?!

クレジットカードのキャッシング機能が便利なことは先にも述べました。
また、この機能は海外で大活躍します。海外でクレジットカードのキャッシングをすると、ATMから現地通貨を直接引き出すことができるからです。

 

海外での現地通貨を手に入れるには、両替所での換金が必要です。
しかし、両替所は早々見つかるわけではありません。ですから、まとまったお金を一気に換金しなくてはならないことが多いものです。

 

また、そうなれば、多額の現金を持ち歩かなくてはならなくなります。
これではせっかくの海外旅行も楽しめませんよね。

 

そんな時、クレジットカードを使って、キャッシング機能を利用すれば、最寄りのATMから簡単に現地通貨を手に入れることができます。これなら、両替所を探すことも、多額の現金を持ち歩く必要もなくて、とっても便利ですよね。ちなみに、海外にはクレジットカードを利用できるATMはたくさんあるので、探すことにも困りませんよ。

 

また、カード会社独自のレートで換算して現金化されているので、多くの場合、両替所の手数料よりも安く済みます。(詳しくはクレジットカード会社に確認してみましょう。)

 

なお、引き出したお金はあくまでもカード会社から借りているローンをです。
従って、利子はその日から発生しますので、帰国したら優先的に返済してしまう方が無難です。

 

銀行のカードローンでも即日融資は可能?!

消費者金融の専売特許的な即日融資。
クレジットカードでも、今すぐお金が必要なピンチには、それなりに対応ができそうです。

 

では、銀行はどうでしょうか?
銀行のローンといえば、低金利で高額の融資が可能なところが魅力的ですが、その分審査には時間が掛かり、通過も難しい印象があります。

 

ところが、近年人気の銀行カードローンの中には、即日融資に対応できるローンが続々と増えてきているのです。

 

では、ここで具体的に即日融資が可能な銀行のローンを、二つあげておきましょう。

 

【三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック】

実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:500万円
審査時間 最短30分

 

申込の受付はテレビ窓口で行っています。
「テレビ窓口」は、三菱東京UFJ銀行の支店に設置されています。
ATMと似たような機械ですので、すぐにわかります。

 

このテレビ窓口で、申込から審査、契約と済ませすことができ、その場でカードの発行も可能です。カードを使ってATMからすぐに借入できる仕組みになっています。すべての手続きは最短で40分となっています。

 

営業時間は、平日9時〜20時、土祝10時〜18時、日10時〜17時までです。
運転免許証は必ず持参しましょう。もし、運転免許証がない場合にはテレビ窓口でカードを発行することができないので、ごちゅういください。

 

【新生銀行カードローン レイク】

実質年率:4.5%〜18.0%
利用限度額:500万円
審査時間 即時

 

レイクの申込には自動契約機を利用しましょう。
レイクの自動契約機は街の至る所にあります。
ですから、探すのはそれほど大変ではないでしょう。

 

こちらでも、申込から審査、契約、そしてカード発行に至るまでの全てを自動契約機で済ませることができます。カードが発行されれば、ATMから即座に借入できるようになります。すべての手続き完了までは最短40分です。

 

なお、審査可能時間は8時10分〜21時50分(毎月第3日曜日のみ8時10分〜19時)となっています。時間帯外の申込には、翌営業日にメールで通知が来るシステムですになっています。免許証、保険証、パスポートのうちいずれかの身分証明書を持参してください。