専業主婦のキャッシングについて

即日融資で便利なのが、消費者金融のキャッシングシステム。
現在は主婦から学生まで幅広く利用されていますが、以前の消費者金融は「サラ金」などと呼ばれていたほど、その利用者の多くはサラリーマンだったのです。

 

現在の日本には星の数ほどの消費者金融があるといわれています。
7人に1人は消費者金融を利用している、またはその利用経験者であるといわれている世の中です。

 

考えてみれば、お金を借りたいと思うのは、なにもサラリーマンだけではありません。
学生だって主婦だってお年寄りだって、お金を借りたいと思うことはあるはずです。

 

そんな時、誰でもお金を借りることができる金融機関があればいいですね。
しかし、残念ながらそんな都合のよい話はありません。

 

それどころか、2006年に改正された総量規制という法律により、それまで借入可能金額は大幅に減少され、しかも専業主婦が消費者金融を利用することは実質不可能となってしまったのです。

 

専業主婦はキャッシングできない?!

総量規制では「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」と定められています。

 

ということは……
収入がない専業主婦(主夫)=借入可能額ゼロ
ということになります。

 

ですから、総量規制の対象となる消費者金融、そしてクレジットカードの信販会社からの借入は法律上、不可能となってしまったのです。

 

しかし、お金が必要なのは外で収入を得ている者ばかりではありません。
事実、家計のやりくりをしているのは専業主婦(主夫)なのです。

 

彼らこそ、お金をどうしても借りなくてならない状況に陥りやすいのではないでしょうか。そんなピンチの時にお金を借りる術がないなんて、これほど酷なことはことはありません。

 

では、専業主婦がお金を借りる方法は本当にないのでしょうか?

 

 

専業主婦でもキャッシングできる方法

専業主婦(主夫)の方でも申込が可能なローン。
それは……
銀行のカードローン
です。

 

このローンなら、法律による専業主婦に対しての制限はありません。

 

銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングシステムと比較した場合、ほとんど遜色がなく、ローンカードを通じて、最寄りのATMから自由に融資金を引き出すことができるようになっています。また、銀行の低金利でのローン利用が可能であることも人気の理由の一つなのです。

 

銀行のカードローンは総量規制の管轄外となっています。
なぜなら、総量規制は貸金業法に付随している法律だからです。

 

よって、銀行法の管轄下にある銀行のローンは全て対象から外れるというわけなのです。
なお、専業主婦の方の理由に関しては各銀行で別途申込条件を設けてあるところもありますので、よくご確認の上ご利用下さい。