消費者金融と銀行を比較

お金のキャッシングができるところとして代表的な金融機関といえば……
消費者金融と銀行ではないでしょうか。

 

しかし、いざお金を借りるとなれば、どちらを利用するべきなのかの判断は非常に難しいところです。それを決めるための判断材料として、二つの金融機関のメリットとデメリットのをよく知っておくことは有効手段の一つといえるでしょう。

 

消費者金融と銀行のメリットとデメリットを確認しよう!

では、それぞれの金融機関にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

【消費者金融】
消費者金融のメリットといえば、なんでもスピーディーなことです。
特に即日融資のサービスは、申込をした日に融資金を受け取ることができるので、緊急時には必ず役に立つことでしょう。

 

お金の工面が必要な時には、一刻でも早く手元に現金を用意したいものですから。

 

一方、デメリットは、金利が高めであるということです。
資本がなくそれしか商売がないので、顧客に早期返済を求めることになり、
金利も高めに設定せざるを得ないのです。

 

従って、多額の借金を長期的に借り入れることには向いていません。

 

【銀行】
銀行のローンのメリットは、低金利で多額の借入が可能であるということです。
2006年から開始されている総量規制により、消費者金融で多額の借金をすることはできなくなっています。

 

しかし、この規制の対象外である銀行のローンでは、多額の借入も不可能ではありません。ところが、低金利で高額の融資を行うためには、審査もそれだけ慎重にならざるを得ません。

 

従って、審査には時間が掛かる上に通過のハードルも高くなっています。
これが、銀行のローンのデメリットです。

 

消費者金融のキャッシングローンと銀行のカードローンの金利を比べよう!

以下に代表的なローンの金利と利用限度額をまとめました。

 

【アコム】
実質年率:4.70%〜18.00%
利用限度額:500万円

 

【プロミス】
実質年率:4.5%〜17.8%
利用限度額:500万円

 

【アイフル】
実質年率:4.5%〜18.0%
利用限度額:500万円

 

【三菱東京UFJ銀行カードローン】
実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:500万円

 

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:1000万円

 

【住信SBIネット銀行Mr.カードローン(プレミアムコース)】
実質年率:1.99%〜7.99%
利用限度額:1000万円

 

以上のことからもおわかりのように、消費者金融の金利より銀行のカードローンの金利の方が有利なのです。