銀行カードローンの仕組み

手軽で便利な銀行カードローン。
ローンカードさえあれば、最寄りのATMからいつでもキャッシングが可能です。しかも最近では、即日融資に対応できるローンも出てきて、ますます便利になっています。

 

しかしながら、一般的な銀行のローンと比較するとカードローンは仕組みが少し異なります

 

銀行のカードローンの仕組みとは?

通常の銀行のローンは、住宅ローンやマイカーローンなどの使用用途に指定があるローンが一般的です。

 

これらのローンは、契約が完了すると融資総額が決定され、一括で振込によって融資金を受け取る、という仕組みが普通です。融資を受けた後は、毎月決まった返済金額を返していくというシステムになっています。

 

しかし、カードローンの場合は大きく異なります。
カードローンでは、振込依頼をしなければ自分の口座に融資金が振り込まれることはありません。

 

契約時に利用限度額というものが決定されます。
そしてローンカードの発行が行われます。このカードを通じて、最寄りのATMから借りたい分だけを指定して融資金を引き出すシステムとなっています。

 

利用限度額の範囲内であれば何度でも借入は可能です。
借入総額が限度額いっぱいになると一旦借入ができなくなりますが、次の返済を行うと限度額が復活して借入ができるようになるのです。

 

この仕組みは一見便利に見えますが、借入を繰り返すことでいつまでも完済できなくなってしまう恐れがあります。ですので、利用する際には注意が必要です。

 

銀行のカードローンの比較

銀行のカードローンは、低金利で高利用限度額のローンが多いのが特徴となっています。
以下にいくつかのカードローンを具体的に紹介しましょう。

 

【三菱東京UFJ銀行カードローン】
実質年率:4.6%〜14.6%
利用限度額:10〜500万円

 

【オリックス銀行カードローン】
実質年率:3.0%〜17.8%
利用限度額:800万円

 

【三井住友銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.5%
利用限度額:10〜800万円

 

【みずほ銀行カードローン】
実質年率:4.0%〜14.0%
利用限度額:10〜1,000万円

 

【楽天銀行スーパーローン】
実質年率:4.9%〜14.5%
利用限度額:10〜500万円

 

近年はネット銀行のカードローンが急増しています。
これらの銀行ではローンカードを発行せず、お金のやり取りは全てインターネット上で行っているところもあります。